経費節減!コストカット!コピー用紙を安く調達する3つの方法

事務用品店での定期購買が割安

コピー用紙などの毎月大量に消費するオフィス用品は、なくなるたびに、その都度オーダーするのでは、けっこう面倒くさいですよね。コピー用紙をオーダーする度に、電話代などの通信費がかかりますし、事務負担も相当なものになってしまいます。事務用品を扱うお店では、いちいちオーダーしなくても、1ヶ月に一度、あるいは3ヶ月に一度などの割合で、定期的に決まった商品を自動でお届けするサービスを提供しています。コピー用紙も、この定期購買サービスを利用するようにすれば、楽になります。

メーカーの直売をねらえ

コピー用紙を、小売店で購入するよりも、メーカーから直接買い付けるようにすると、流通段階におけるマージンが少なくなるので、かなりのコストダウンが実現できます。また、製造メーカーならではの、アウトレット商品やB級品を選んで買うようにすると、市価の数分の一という割安な価格で、コピー用紙が手に入ることもあるんですよね。特に、一日に夥しい枚数のコピー用紙を消費する事業所では、ほんのちょっとの単価の違いが、年間トータルすると大きな金額になってしまいますので、侮れないですよね。

ホームセンターでもコピー用紙の激安販売が!

コピー用紙をどこで買うかと言えば、多くの人は、事務用品店や文房具店などを思い浮かべるはずです。しかし、意外なところでもコピー用紙を扱っているんです。その最たる例が、ホームセンターです。ホームセンターは、コピー用紙やノート、伝票などの事務用品も特設コーナーを設けて販売を行っています。品揃えは、専門店には一歩譲りますが、そのかわり価格は専門店では太刀打ち出来ないほどの超特価となっているんです。固定観念にとらわれず、様々なお店で事務用品を仕入れるようにすると、まだまだ節約できそうです。

コピー用紙とはパソコンで印刷したいものがある場合に、プリンターに入れることで印刷をすることができる紙です。