経営に重大な影響を及ぼすことも!?ネットワーク監視の重要性

障害を未然に防ぐということ

ネットワークシステムは今やどの企業も導入している当たり前のものですが、ネットワーク監視についてはいまだに甘い企業も少なくありません。しかしネットワークシステムがダウンしてしまうと、経営や企業活動に重大な影響を及ぼしかねませんよね。ネットワークシステムに障害が起こってしまうと、それを復旧するためには膨大な時間が必要になることもあります。したがって、いかにこうした障害やシステムダウンを起こさないかが、円滑な企業経営には必要になってくるわけです。

死活監視だけでは不十分では

ネットワーク監視には死活監視と呼ばれる監視方法があります。この死活監視というのは、ネットワークが正常に動作しているかどうかを外部から監視するというシステムであり、もし動作に不具合があったり、正常に動いていないということがあったら、管理者に知らせたり自動的に再起動をしてくれるという仕組みです。しかし死活監視だけでは不十分なのではないかという考え方もあります。というのも、ネットワークが正常に動いているかどうかだけがわかっても、つまるところそれほど意味がないからです。

ダウンしてしまったらおしまい

ネットワーク監視の役割というのは、システム障害などを未然に防ぐということですね。しかし死活監視というのは、ネットワークが正常に動いているかどうかのいわば確認だけをするのであって、正常に動かなくなるということを未然に防いでくれるというわけではないわけです。そこでもし正常に動作していないということがわかっても、それはもはや時すでに遅しであり、正常に動作していないすなわちシステム障害が発生しているということになりますよね。障害が発生してしまったら復旧には多くの時間が必要で、結局円滑な企業経営は阻害されてしまうわけです。なのでネットワーク監視というのは、こうした死活監視だけでなく、もっと多岐にわたる監視が必要になってくるんですね。

ネットワーク監視のサービスは、有料、無料版ともに存在します。個人で利用する程度であれば無料版でも問題はありません。