新入社員研修で身に付けたいマナーの基本!!

仕事の基本、挨拶と言葉づかいを身に付けよう

新入社員研修では、ビジネスマナーの基本的なことから仕事上で使う基本知識まで様々なことを学ぶため「頑張るぞ」と強い意気込みがあっても覚えることが多すぎて結局全て中途半端になってしまうことってよくありますよね。押さえておきたいポイントは基本的なマナーです。挨拶はいつでも誰にでも相手の目を見て大きな声で行うこと、目上の人への敬意を忘れずに正しい敬語を使うことをまず念頭に身に付けることが大切です。基本的なことですが仕事をする上でとても大切なことですよ。

服装のマナーを身に付けよう

仕事をする服装、ちゃんとできていますか。毎日着るスーツはあなた自身をうつす鏡です。新入社員研修での服装のマナーや会社の服装の規程の講義はしっかりと聞きたいですね。しわやシミのない清潔な服装マナーを身に付けることはもちろん大切ですが、会社の規程の中で自分らしさや自分の個性を出せるスーツ選びをすることも大切です。また、お客様を訪問する際にいつコートを脱ぐのか、クールビズはいつからか等、新入社員研修でしっかりと確認し、先輩に聞くことのないようにしましょう。

電話のマナーを身に付けよう

電話のかけ方や受け方は新入社員研修で力をいれて取り組む講義の一つですよね。相手の顔がわからない電話は間違った対応をすると苦情にもつながってしまいます。電話をかけるときの相手への挨拶の仕方、不在時の対応の仕方、伝言の取り次ぎ方等、基本的なことを新入社員研修で身に付けましょう。また、「電話が鳴ったらすぐに取る」ことは新入社員の基本です。自身をもって電話を取れるようにしっかりとマナーを身に付けると良いですね。

経営理念やネットリテラシーを社員全員で共有して会社を繁栄させるために必要なのがしっかりとした社員研修です