卑劣な行為は許されない!誹謗中傷対策とは

誹謗中傷はイジメと似ている

誰もが匿名で、思ったことをスマートフォンなどに書き込むことができるようになり、悪用する人もいます。特定の会社や、特定の個人に対して、悪意のあるコメントをしたり、明らかに嫌がらせとされる行為をすることは、決して許されることではありません。自分の気に入らない人に対して、評判を落とそうとする行為は、集団で行われるイジメに似ていると思います。パソコンやスマートフォンが普及している世の中で、誰かいつ被害に遭うかわかりません。

恋人との別れ方に気を付けよう

中傷被害に遭うということは、特定の誰かに恨まれている、もしくは嫉妬や妬みの対象になっているのかもしれません。スマートフォンなどから、悪質なことを書き込まれたとしても、本人がそのページを見なければ、気付くことはできません。被害に遭う人は、元恋人などから書き込まれることもありますので、ひどい別れ方をした場合に被害に遭いやすくなります。恋人と別れる場合には、きちんと会って話し合い、お互いに納得した上で、別れることが大切です。

悪質なコメントはすぐに削除してもらおう

自分のブログなどに、悪質なコメントが書かれていないか、定期的にチェックしておきましょう。自分では気づかない場合もありますので、友人にも協力してもらい、何かあった時は教えてもらうことが大切です。もし、掲示板などに個人情報や、悪意のあることを書き込まれていたら、すぐにホームページの運営者に連絡して、削除要請を依頼しましょう。犯人がわかっていれば、問い詰めることもできますが、わからない場合には、警察に相談することも一つの方法です。

2ちゃんねる削除は弁護士に依頼すると全ての不快な情報を削除してくれますので法的手段を使うとよいでしょう。