注目!ecサイトは商品を売るよりもイメージを売る

他社と差別化を図って顧客を獲得する

ecサイトとはインターネット上の自社サイトにおいて商品を販売することを目的としていますが、最近では商品を売る以外にも様々なコンテンツを充実させているサイトが増えて来ています。インターネットが普及して様々な商品がインターネット上で購入することが出来るようになってきましたが、同じ商品を取り扱っているサイトも多くなって来てしまっています。そのため顧客を獲得するには商品を売る以外にも付加価値を付けて他社との差別化を図ることが必要となってきています。

コンテンツを充実させる

日常生活で使用する道具などを扱っているecサイトでは、販売している商品を通してライフスタイルを豊かにするアイデアを提案したりしています。スタッフが実際に使用しているアイテムについてコメントをするなどはもちろんですが、商品には直接的には関係のない情報も提供していたりします。一つ一つの商品の情報を提供することも大切ですが、そのecサイトで取り扱っている商品やブランドの世界観などを知ってもらったり、商品を含めたライフスタイル全般に憧れを持ってもらったりすることが顧客獲得へ必要となってきています。

ecサイトの利点と欠点

ネットショップを開店するには自社でecサイトを持つか、インターネットモールなどに出店する方法があります。双方共にメリットやデメリットになる点がありますので、状況に応じて選択する必要があります。ecサイトは自由度が高いですので、ブランドや商品のイメージを顧客に伝えられる効果は高いです。しかしecサイトを構築して運用していくには手間や費用がかかってしまうことは否めません。インターネットモールは手軽に出店できることが魅力ですが、サイトに個性を出すことが難しくなってしまいます。

ecサイト構築ではパソコンやスマートフォンなどアクセスするデバイスによって得られる情報量などの違いにも気をつけることが大事です。